FC2ブログ
OASIS BLOG
WATER WATER CAMEL
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月15日 (火) 23:54 | 編集
led_zeppelin.jpg



その昔 キャメルの前進バンド時代
(今からは想像も出来ないほどロックバンド。メンバ-ほぼ変わらず..)
“BANDMAN“というものすっごいノリノリの曲があった。
おそらくバンドを代表する曲で それをやるとお客さんもすごい盛り上がってくれた。

曲中には

「アーユーバンドマン ?」(←ヒデ)

「イエ~イ!!!」(←お客さんたち)

みたいな 今思えばそれ逆だろ!と思うお恥ずかしい謎のコールアンドレスポンスもあって、でもそんなことお構い無しに盛り上がって、ヒデも客席へとダイブして消えていったのでした。


話は変わって先日、甲府のカンパラ食堂での湯川トーベンさんのライブに行ったときに"バンドマンブルース"という曲を歌っていて、これがまためちゃくちゃカッコいい曲で、バンドマン~!!と渋い声で叫びまくっていた。
興奮しつつも、昔の自分たちのことをいろいろ思い出してひとりソワソワしていた。

トーベンさんはどこまでもバンドマンだった。
ミュージシャンとか音楽家とかそういう言い方じゃなくて、
"バンドマン"なのだ。

ああそうか 自分の原点もバンドなんだと思った。なんだかしっくりきた。
それはジャンルとか生き様の話ではなくて、バンドというものが自分にとっての表現の場所、居場所というか、理想の形なんだなって。
その組み合わせでなくては絶対に出せない音だったり雰囲気だったり
そういう奇跡的な繋がりがバンドなんだと思う。

うれしいことにいろんなモノづくりの人たちと関わらせてもらえていて
日々感謝と刺激の連続で、そんな活動ができればできるほどバンドに対する想いもどんどん強くなっていくのです。
キャメルはそれぞれ個人活動も活発なバンドだと思うんだけれど
みんなで集まると、あ どうも ただいま っという気分になる。
他のメンバーが別のところでバリバリやっているのを見るとなんだか妙にくすぐったい気分になる。

いろんな風景を共有してきた腐れ縁
ちょっとはバンドとして成長してこれてるのかな
やっぱりこれからも、自分はバンドマンでいたい


-玄-


スポンサーサイト
ライブフォト
2008年07月11日 (金) 21:19 | 編集


下北ライブに遊びに来てくれたみなさん ありがとう!

久しぶりの東京ライブは なんだかとっても素敵な夜になりました

その時間や出会いを大切にしようとする空気や 込み上げてくる楽しさみたいなのをすごく感じました。

みんなみんなありがとう!




我らが松本キャメラマンが写真を撮ってくれたのでアップさせてもらいます。

散歩途中にライブしちゃったみたいな オーラの無いキャメルたち

ま いっか。。


NEW0001_254.jpg


NEW0001_255.jpg


NEW0001_253.jpg


NEW0001_256.jpg




次は8月8日 またまた東京で、
PoPoyansのCD発売記念おめでとうライブです。

益々磨きのかかってきているガールたちとご一緒したら
うちらどうなっちゃうんでしょうか。
透明度2割増しぐらいで望みます。



○8.8 (fri) 東京 渋谷 7th Floor
―― PoPoyans「祝日」発売記念おめでとうLive――
『ポポとキャメルとアタカさん・8月8日のお祝い』

LIVE: popoyans (ゲスト・鈴木惣一朗他) / WATER WATER CAMEL / 安宅浩司
OPEN 18:30 / START 19:00
CHARGE adv 2300yen / door 2700 (+drink)
INFO http://tpdrecords.com







-玄-

葉山のはなし
2008年07月09日 (水) 22:59 | 編集
IMGP7217.jpg




誕生日ということで、連れ合いが車をレンタして葉山に連れてってくれました。


何かっていうと僕らは葉山へ行っているので、もう馴染みと言えば馴染みの地である。
鎌倉の浮かれた空気(良い意味でね)の届かない、静かな海沿いの町。


海沿いのレストランでちょっと上等なランチをしてから、
知り合いのいる小さなギャラリーへ行ったあと(休みだったけど)、
あるカフェに行くために僕らは車を走らせていました。

でもお目当てのそのカフェがなかなか見つからないので、
「ちょっと探してくる」と僕は車を降りました。
細い路地がいくつかあったので、奥にあるのかな、と思ったわけですね。

それで、路地に入ってしばらく歩いているうちに、
ぼくは「なるほど・・・なるほど」とひとりで強くうなずいてしまうことになる。



葉山という町は、確かに素敵な静かな海沿いの町であるけど、
文豪が好んでそこに移り住んだり、たくさんの芸術家が創作活動していたり、皇族の別荘があったり、っていう感じの町で、要するにインテリ層だとか文化人層にはすごく人気があるわけです。
ちょっとした鼻につく「ニオイ」があるわけです。

・・・お、お、おこがましいっ。なんておこがましい!自分がコワい!



さて、路地に入ってしばらくすると、まもなくずしりずしりと感じるわけです。
ここに本当に根付いている人たちの気配を。


小気味よく手入れされた庭と、嫌みのない普通の古い家。
穏やかな多くの人たちの気配がする。
でもどこにもいない。
まるで下心を忘れた透明人間たちの秘密の町に迷い込んでしまったような気分になる。


近くで車のスロットルの音が聴こえる。
それは「きゅるるるるる」といういかにも年老いた美しい音を立てた後に、「ぷすん」と途絶える。
キン、とした耳を突く静寂が再び訪れる。


ぼくはなるほど、と思う。
そこにはただ静かに暮らしている人たちの気配がある。
彼らはただ静かに暮らしているだけだ。


しばらくして再び老いた車のスロットル音が聴こえる。
「きゅるるるる」
でもやっぱりぷすんと途絶えてしまう。
ふとボンネットが開いた車に気付く。
車の影から褪せた青いシャツとハーフパンツ姿の老人が現れ、眼が合う。
老人は僕との間にいっさいの情を残さず、すぐに車の影に消える。


僕はとても申し訳ない気持ちになって急いで路地を出る。




結局お目当てのカフェは、車に戻ってからちょっと先まで走ったところにぽつんとあった。
なんだよこの地図。


ちゃんと美味しいカフェオレ。
ちゃんと美味しい、連れ合いと熾烈な争奪戦を展開したパンプディング(大盛り)。



28歳になりました。

もうすぐ僕らも本当に静かに暮らす事になります。




**************************


明日、明後日と久しぶりにゆるく弾き語りします。


○7.10 東京 池の上 bobtail
19:45 / 20:00
\2000+1drink
http://www.oyasumi-records.com/bobtail/front.html


◯7.11東京 吉祥寺 funk step
21時頃から(テキトーにはじめてテキトーに終わります)
\0(ダイニングバーですから飲み食い代)
http://www.kichijoji-town.com/mypage/kj013009


*************************

<WATER WATER CAMELライブ情報>

○8.8 (fri) 東京 渋谷 7th Floor
―― PoPoyans「祝日」発売記念おめでとうLive――
『ポポとキャメルとアタカさん・8月8日のお祝い』

LIVE: popoyans (ゲスト・鈴木惣一朗他) / WATER WATER CAMEL / 安宅浩司
OPEN 18:30 / START 19:00
CHARGE adv 2300yen / door 2700 (+drink)
INFO http://tpdrecords.com


○8.10 (sat) 埼玉 越谷市 レイクタウン見田方遺跡公園
エコイベント『water green』

開催時間 10:00~19:00 / 入場無料
LIVE: WATER WATER CAMEL / yae / サヨコオトナラ / てんつくマン / RaBiRaBi
×Piko / 六ヶ所村トーク

"water green" http://water-green.didit.jp/




◯8/17(日)
高知県立牧野植物園

平成20年度 第8回「夜の植物園」音楽イベント
WATER WATER CAMEL ライブ「夜にだけ咲く花」
17:30open/18:30start
チケット 前売り2000円 当日2500円 小学生以下無料
(植物園の入場料500円は含まれません)

お問い合わせ テルツォ・テンポ(佐野)terzo.tempo@hotmail.co.jp


*************************


ps:
お祝いのメッセージをくれたみなさん、心から有難う!


IMGP7214.jpg







... . .齋藤キャメル .... .



雨の夜は下北で
2008年07月05日 (土) 01:29 | 編集
nahadaan.jpg



明日というか今日、下北でキャメルライブです

夜から雨マーク すばらしい

なんとなく、夏のはじまりな気分です

たくさんの出会いと笑顔をしっかりと心に焼き付けたいなと思います

なんだかそう強く思っています 

とにかく正直に正直に音と向き合って 信じて信じまくって

とけて ただよって 空をゆらゆらと 風に乗って

どこまでもどこまでもいきたいです

どうか良い温度でみんなの心に届きますように 






○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

7.5 (sat) 東京 下北沢 440
『Nahdaan - ナハダーン- vol.1』

LIVE: WATER WATER CAMEL / フルカワモモコ / カミナリグモ
OPEN 18:30 / START 19:00
CHARGE adv 2000yen / door 2500yen ()+1drink)

キャメルバンド/ drum:田中佑司、perc:佐藤貴子(from オムトン)

"Nahadaan" http://www.nahdaan.com/index.html
"440" http://www.club251.co.jp/440/

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


共演もとってもすばらしい方たちばかりです
カミナリグモさんの"王様のミサイル"という曲を試聴してみたら、すばらしくて泣けてきました。あーなんだろうこの感覚久しぶり。

というわけで明日、お待ちしてます!





NEW0001_252.jpg


今回の困ったサポートメンバー ゆうじ と たかちゃん



-玄-


ギターを弾く
2008年07月02日 (水) 00:49 | 編集


NEW0001_249.jpg



サウンドクルーにてマユルカさんのレコーディング

さんざんレコーディングしてるけど、いわゆるレコスタで自分がギターを弾くっていうのは実はあんまりなくて新鮮な感じ

ギターボーカル、エレキ2本、の3人で基本一発録り

ギター3本ってなんだかとっても楽しい 
少ない音数なんだけど同時にいくつ鳴ってるのか分からない瞬間とかがあって奥が深い

弾き語りの世界をくずさぬように隙間を感じながら音を配置したり 引く作業

やっぱり歌っていいなって思う 憧れます



NEW0001_248.jpg


NEW0001_247.jpg



上野師匠のすばらしきエンジニアリングもあってとてもいい作品になりそうです
年内には発売予定とのこと

夕飯は出前でカツ丼 こういう時はカツ丼にかぎる それだけでテンションあがります

しかし使ってない機材がやまほどあって、一個ぐらい下さい!を連発。
いつか民宿付きゆらゆらスタジオをつくりたいなあ 日々妄想中


今週末も古里おさむくん率いるウミネコサンライズのレコでギター演奏予定。
楽しみ。


形として残っていくエンジニアリング
瞬間的な感情や感動を感じられる演奏やライブ 
どっちもとっても大切な時間で そういう活動をいいバランスでやっていけたらいいなと思う

どうなっていくかなあ

ワクワク感と不安は近いところにあって それもまた悪くない感じ



NEW0001_99.jpg




-玄-

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。