FC2ブログ
OASIS BLOG
WATER WATER CAMEL
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かの移ろいのやつ
2010年04月07日 (水) 20:20 | 編集

IMGP8361.jpg


齋藤キャメルでーす。



僕は今から一年とちょっと前、
つまり、この「一日の隅々まで静かな暮らし」がはじまる直前、
あるホテルから東京を観ていた。

そこには連れ合いもいた。


さよなら東京だね。
そうだねー。

という話をし、

素敵な景色だね。
そうだねー。

という話をした。


僕らが手にした静かな暮らしというものは、
おおよそ想定していた通りであり、
なんちゅーか、実に静かであります。




最近になって、ひとつ想定していなかったおもしろい発見があったのでその報告です。


東京にいた頃、僕は雲の移ろいか、空の移ろいか、
あるいはそのどちらでもない何かの移ろいかを、
よく観ていたと思うんです。今思えば。

そして静かな暮らしの中では、おそらくもっとその何かの移ろいをぼんやり眺めては、フーン、と思うことになるんだろうなと、なんとなしに想定していたと思うんです。



でもそれはちょっと違った。

僕はあの頃よりあまり空を観なくなった気がしています。


たぶん僕が心から望んでいたもののうちの、何かが報われてしまったからだと思う。
あるいは僕の身体のダメージを受けていた部分の再生が、だいぶ進んでいるからだろうか。
おんなじかな。


僕は「何かの移ろい」の手をあまり借りなくなった。



きっとそれは良いことなんだろうけど、
なんというか、とても残念なことでもあると感じる。


だから近頃よく空を観るようにしている。


でも何かがちょっと違う。
近い時もあるけど、でもだいたいは何かが違う。

かつて何かの移ろいは、僕にもっと優しかったと思う。
彼らは確かに、もっと僕に微笑んでいた。



今から一年とちょっと前、
ホテルから観た美しい東京の朝焼けを最後に、
彼らは少し、ぼくにそっけなくなった。


残念だけど、仕方がない。


* * * * * *


ところでもうひとつ想定外の話が。


音楽は変わらず、僕に優しくしてくれているということ。

これはちょっと想像と違っていました。


音楽のその懐のでっかさにビックリ。
スゲーなー
やっぱいいなー
スゲーなー





IMGP0560.jpg





.. ... . 齋藤キャメル.. .

スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。